WordPress:パーマリンク設定は結局どうすればいいの?【初心者向け】

   

eye_wp

WordPressを始める時に最初に確認するべきものの1つが「パーマリンク設定」ですね。

パーマリンクの設定はもう済んでいる方が多いと思いますが、WordPressを始めたばかりの方に参考になればと思って書いてみることにしました。

ネット上では色々な意見があって、サイトによってパーマリンク設定も結構バラバラです。

これまでの仕事でのサイト制作や、このブログの運営を通して改めて最適なパーマリンクについて考えてみました。

スポンサーリンク

パーマリンクとは?

パーマリンクについての説明は色々なサイトで取り上げられていますので、参考になる記事をご紹介します。パーマリンクってなんぞや?という方は基本から詳しく書かれていますので参考にしてみてください。

参考記事1:バズ部

WordPressのSEO面で最適なパーマリンクの設定方法
WordPressのパーマリンクの変更は、インストールして記事投稿を始める前に絶対にやっておきたい設定の一つです。SEO上ベストなパーマリンクとその設定方法を解説しています。

まずは有名なバズ部さん。記事を要約すると↓

  • パーマリンクには意味のある単語を入れるべき
  • 最適なパーマリンクは以下の2パターン
    Example Domain
    Example Domain

Googleのガイドラインを引用して「論理的かつ人間が理解できる単語を入れるべき」ということでカテゴリー名や記事タイトルをパーマリンクにすることを推奨していますね。

参考記事2:LIG INC

WordPressのパーマリンク設定を変更して、SEOや日本語URLの対策をしよう | 株式会社LIG
Webサイトの根幹に関わる要素の「パーマリンク」は、初期段階で構成を決定した方が良いと言われています。一体どんなパーマリンクが理想的なのか、なぜ重要なのかを紹介します。WordPressのパーマリンク設定を変更して、SEOや日本語URLの対策をしましょう。

こちらも皆さんご存知、LIGさんの記事です。要約すると↓

  • パーマリンクにはキーワードを含めた方が良い
  • 日本語URLはデメリットが多い
  • 英単語の方がアクセス解析に便利
  • 理想のパーマリンク
    Example Domain

LIGさんもカテゴリー名を入れるのを推奨しています。
そして日本語URLはあまりオススメできないという感じですね。

参考記事3:海外SEO情報ブログ

SEOのために、商品名やカテゴリ階層をURLに入れる必要はない | 海外SEO情報ブログ
SEOの効果を期待して、商品やサービスの名前、あるいはジャンルや地域などそれらのアイテムが含まれるカテゴリを必ずしもURLに含める必要はない。またキーワードをURLに含める必要もない。

3つめはSEOについて専門的な情報を多く発信している海外SEO情報ブログさん。
要約すると↓

  • URLにキーワードを入れてもSEO的な利点はないか、極めて少ない
  • キーワードが入っていることでユーザーの利便性が上がることはあるので無理なく実装できるなら利用する

GoogleのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏の発言を取り上げて、URLにキーワードやカテゴリーを含める必要はないという点を指摘しています。

最適なパーマリンクを改めて考えてみた

他にも色々なサイトで、それぞれの理想のパーマリンクが紹介されています。
みんな言ってることがバラバラなんで、どうすればいいのか迷っちゃいますよね。

個人的な意見とこれまでの経験をふまえて、最適なパーマリンクを改めて考えてみました。

1.カテゴリーを含めるべきか?

色々なサイトでオススメされているのがカテゴリー名を含めるというもの。
WordPressのパーマリンク設定だと「%category%」というタグを使いますね。

カテゴリーを含めるメリット・デメリットをまとめてみました↓

メリット
ユーザーがURLから内容を想像しやすい

デメリット
カテゴリーの変更をするとURLが変わるので、他サイトからのリンクや内部リンクが無効になったり、SNSのシェア数もリセットされる

多くのサイトでメリットとして上げられているSEO的な利点ですが、先ほどの海外SEO情報ブログさんの記事にもあるように、全く意味が無いか、影響があったとしても本当に微々たるものだと思います。

実際に当ブログのURLも単語として意味のない「数字ベース」を採用していますが、「STINGER7」で検索すると上位に表示されています。
SEOを意識するならやっぱり今の時代はコンテンツ(記事の内容)を重視した方が良いと思います。

それよりもカテゴリー名がパーマリンクに含まれる場合、カテゴリーを変えたらURLも変わってしまうというのが大問題です。

僕は最初からこのブログは雑多な内容にするつもりでした。
記事が増えたらカテゴリーも後から変更したり整理するつもりだったので、URLが変わらないようにカテゴリー名はパーマリンクに含めていません。

リダイレクト設定して対応することも可能ですが、面倒くさい作業はできればやらないに越したことはないです。

2.投稿名を含めるべきか?

投稿名は「%postname%」のタグで設定できますね。
投稿名を含めるメリット・デメリットはどうでしょうか。

メリット
ユーザーがURLから内容を想像しやすい

デメリット
・英単語にする場合は自分で毎回設定する必要がある
・自分で設定しないと日本語になる

こちらもメリットはユーザー視点です。
でも皆さん、URLで内容を判断することってあまりないと思いませんか?
普通は記事のタイトルで内容を判断するんじゃないでしょうか。

それよりも記事を書く度に「stinger7-header-custom」みたいな英単語を考える方が大変です。

英単語で設定しないと日本語になっちゃいますが、日本語URLはリンクを貼ると
「http://example.com/stinger7%e3%81%ae%e5%9f%ba%e6%9c%ac%e8%a8%ad%e5%ae%9a%e3%81%a8%e8%a8%98%e4%ba%8b%e3%81%ae%e6%8a%95%e7%a8%bf-part-1%e3%80%90wordpress%e8%b6%85%e5%88%9d%e5%bf%83%e8%80%85%e5%90%91%e3%81%91%e3%80%91/」

こんな感じで英数字に変換される環境も多く、長すぎて正常にリンクを貼れない場合などもあります。被リンクが減ってしまうことになるかもしれません。

ちなみに上のリンクは
「http://example.com/stinger7の基本設定と記事の投稿part.1【WordPress超初心者向け】」をエンコードする前のURLです。

結論:最適なパーマリンク設定とは

これらのことを踏まえて、僕が現時点で考えるWordPressの最適なパーマリンク設定はこちらの2つです。

数字ベース
Example Domain

投稿IDのみ(%post_id%)
Example Domain

ポイントとしては

  • シンプルで短くできる
  • 記事を書く度に英語のパーマリンクを考えなくて良い
  • あとからカテゴリーを変更しやすい

という感じです。
サイトの構成が決まっていて、カテゴリーの変更などが確実に無いと分かっている場合はカテゴリー名を含めても良いと思います。

他にも投稿した年月日や、時間、タグ名など設定できるものは色々ありますが、長いよりはシンプルな方が良いと思います。

僕はクライアントのサイトを作る時などもそのようにしていて、新規のサイト制作で構成が固まっておらず、運用しながら変更することがありそうな場合は数字ベースか投稿IDで、逆に構成が固まっていて変更もなさそうな場合はカテゴリー名を含めることもあります。

あくまで個人的な見解なので、ここ間違ってるよ!とか新しい情報などあれば教えてくださいね。

WordPress初心者さんの参考になれば幸いです。
ではまた〜♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

 - WordPress