やっぱりデカい!iPhone5s から 7Plus ブラックに変えた感想【サイズ感】

   

20161210a

今まで iPhone5s を使っていたんですが、10月初めに iPhone7 Plus ブラックに機種変更したので、実際に2ヶ月ぐらい使ってみての感想を書いてみたいと思います。

今回は特に5.5インチのサイズ感について。

5.5インチってどうなんだろう〜、使いにくくないかな〜とかまだ迷ってる人とかいると思うので少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

iPhone7 Plus ブラック超いいよ!

20161210j

発売日の翌日にauオンラインショップで予約したんですけど、届いたのは10月7日ぐらい。
ジェットブラックは品薄で納期がすごい遅かったらしいけど、ブラックは割りと早めに手に入れることができました。

艶のあるジェットブラックか、マットなブラックか迷ったんですけど、ブラックにして正解!

ジェットブラックより指紋とか目立たないし、落ち着いた感じで「渋い」雰囲気があるんですよね〜。なんか大人な感じ。

でも欠点があるとすれば「滑りやすい」ことだと思います。

ジェットブラックは光沢があって摩擦抵抗が大きいのでグリップがきく感じなんですけど、ブラックはサラサラとした手触りなのでスルッと手から落ちやすいです。

実際に買ったばかりで気を付けてたのに何回か落としちゃったんですよ。
速攻でキズを付けてしまいました(泣) 分かります?↓

20161210e

でもやっぱりブラックが一番カッチョいいので満足です(笑)

iPhone7 Plusはやっぱりデカい

で、今回書きたいサイズ感について。

今まで4インチの5sを使っていた僕からすると、5.5インチの7Plusはそりゃあもう最初はバカデカかったです。

並べたら結構違いますもんね↓

20161210b

手は小さいほうじゃないと思うんですけど、それでもやっぱり片手だと角のボタンとかタップしづらいです。手がつりそうになるくらい(笑)

女性の方とか、手が小さめの人はもっと大変だろうなーと思います。
まぁ両手で使えば良いんですけどね。

画面が大きいことのメリットとデメリットを挙げてみます。

5.5インチのiPhone7 Plus「メリット」

表示内容が多い

画面が大きいと表示できる内容が多いのが良いですね。
ブログとか文章メインのページも読みやすいです。

5sだとサイトによっては1行の文字数が少なすぎて改行が多くなっちゃう時もあるんですよねー。

写真や動画がより楽しめる

写真も大きくキレイに見られるし、YouTubeの動画なんかもやっぱり画面が大きい方がより楽しめます。
横向きにしたらもうちょっとしたテレビみたいな感じ。

ゲームが楽しい!

僕はアプリで色々とゲームもするんですけど、これが一番嬉しいかもしれない。
3DSの画面より大きいですからね。もう携帯ゲーム機と言ってもいいぐらい。

大好きなドラクエもまた全部やり直そうかと(笑)

5.5インチのiPhone7 Plus「デメリット」

デカい!

デカいんです。とにかくデカい。
これはメリットでもあるしデメリットでもある。

今までバッグの中で5sの定位置だった小さめのポケットには入らないし、パンツのポケットにも入るっちゃ入るけど膨らみがデカい。

あと片手で操作しづらい。落としそうになります。

5sがオモチャに感じる

これはデメリットってほどでもないですけど、iPhone7 Plusに慣れてから5sを触ると軽いし、めーーーっちゃ小さく感じます。

ちゃっちいとさえ思ってしまうのでもう4インチには戻れないかも。

大画面スマホを快適に使えるアイテムがすごかった

ということでそんなに画面が大きいことでのデメリットは僕は感じませんでした。
最初だけちょっと「7にしとけば良かったかなー」なんて思ったこともあったんですけどね。

使ってくるとやっぱり慣れてしまって、今じゃもう画面はデカい方が良い派になってしまっています。

なぜそんなに慣れてしまったかと言うと、これのおかげだと思います↓

 

そう!バンカーリング!
今まで5sだったんで必要性を全く感じなかったんですけど、実際に大画面のiPhone7 Plusで使ってみるとかなり便利でした。

こんな感じで背面に付けて↓

20161210d

指を通して使ったり、置いた時にスタンドとしても使えるやつですね↓

20161210f

上の画像みたいにiPadとかで使ってもすごく便利だと思います。

とにかくこのバンカーリングを付けてから、片手での操作が格段にやりやすくなったんです。安心感がすごい
これ使うまでは片手で使うとスルッと滑り落ちそうになってヒヤヒヤすることもあったし、実際に落としたし(笑)

でもバンカーリング付けてからは安心して片手で使えるようになりました。
iPhoneじゃなくても5インチ以上の大きなデバイスを使ってる人にはホントおすすめ。

iPhone7 Plusでスタンド代わりにするとこんな感じ↓

20161210g

落下防止ってだけじゃなくて、指の可動範囲が広がるのでiPhone7 Plusでも角の方まで指が届きやすくなるのも良い感じです。

あとリングは360度回転できたり、折りたためたりするんですけど、その固さが絶妙。固すぎず、ゆる過ぎず、ちょうど良いんですよね。
普通に指を通して使っている分には勝手にリングが回ってグラグラしたりすることはありません。

でも背面に付けるので、リングはたためるけど置いた時の安定感はなくなります。
僕は置いたまま使うことはあんまりないので気にならなかったんですけど、頻繁に置いて使う必要がある人には向いてないです。

類似品もたくさんあるけど・・・

バンカーリングは類似品がたくさんあって、それらをまとめて「バンカーリング」と呼んだり「スマホリング」とか言ったりもします。

でもバンカーリングっていうのは元々は i&PLUS社 の商品名だそうです。

絆創膏を「リバテープ」って言うのと一緒ですね!これ沖縄だけだっけ?笑

 

類似品のレビューをAmazonで見ると「使用中にリングが根本から取れてしまった」というのが多くてなんか心配だったのでやっぱり元祖バンカーリングを買うことにしました。

裏は粘着シートになってるんですけど、洗えば粘着力が復活するそうです。
他の商品はそういうこと書いてなかったので、これも元祖バンカーリングの利点だと思います。

で、さすがに裸のiPhoneに直接貼るのはちょっともったいない気がしたのでケースを付けてその上から貼ることにしました。

選んだのはこのケース↓

 

周りのバンパー部分がTPUという柔らかめの素材で、背面がポリカーボネートで少し硬いプラスチックのような感じ。

・バンカーリングがしっかり張り付く
・iPhoneのデザインもちゃんと見える
・表の画面や裏のカメラレンズよりもケースの方が高さがあるので置く時も安心
・ボタン類も押しやすい

と完璧でした。

20161210h

実際に装着して、バンカーリングも付けたところ↓

20161210i

バンカーリングは柔らかい素材のケースとか凹凸があると付けられないので、ケースの選択肢は少なくなるとは思います。手帳タイプもダメっぽいですね。

バンカーリングのおかげで落とす心配は激減したけど、万が一落としてしまってもケース付けてるから安心♪

まとめ

ということでiPhone7 Plusはデカいけど、慣れるとやっぱり大画面は便利です。
でもその分確実に落としやすいので、ケースやらリングは必須だと思いました。

大画面スマホ使ってみたいなーとか思ってる人はぜひ使ってみてください。
お店で触ると異常にデカく感じたりしますけど、実際に使うと慣れるし好きになっていくと思いますよ。

僕はもう4インチのスマホには戻れないです。
でもiPhone7ぐらいの4.7インチでも良いかもなーなんて思ったりもします(笑)

ではまた〜♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

 - ガジェット ,