第1子誕生!出産立ち会いで感じたこと【旦那の目線】

   

eye_20160416

4月12日、第一子が誕生しました。
30代半ばにしてようやく僕も人の親になることができました。

タイミングよく出産に立ち会うことができたので、感じたことを書いてみようかと思います。

WordPressの記事を楽しみにしていた方はスイマセン(笑)

スポンサーリンク

陣痛きても以外と動く嫁

4月11日の午後3時頃、妻の様子が何やらおかしいと思ったら突然の陣痛。
陣痛の間隔でそろそろ来るっていうのが分かるみたいですね。
予定日の2日前でした。

あれ?普通に動いてる・・・

僕の勝手なイメージで、陣痛が来ると動けないぐらいヤバいと思ってたんです。
痛すぎて叫ぶ感じ。

出産前の妊婦さんは実家に帰ったりしますよね?
ウチには僕と妻とウサギとグッピーしかいないし、自分が家にいない時に陣痛とか来たらどうしよう〜って心配してました。

でも運良く僕が家にいる時に来たわけです。

キター!

と思いながら何をしていいか分からずオロオロしていたら、妻は少し苦しそうながらもテキパキとシャワーに入ったり、入院道具や外出の準備をしていました(笑)

え?こんなに動けるもんなの?とか思いつつやっぱりオロオロしていたら破水。
病院に電話してすぐに向かいました。

旦那、一旦帰る

病院に着くとすぐさま緊急で運ばれるのかと思っていたら、これも想像と違っていました。

病院の皆さんは余裕の対応でいつもと変わらぬ様子。
妻は痛がっているし、早く診て欲しいのに、特に特別扱いでもなく普通に順番待ちみたいな感じでした。

個人差はあるみたいですけど、破水したからってすぐには生まれないんですね。
子宮が開くのに時間がかかるらしく、検査したところ今日中に生まれるかな〜ぐらいの感じだそう。

横になって点滴を受けながら痛みに耐えている妻。

ベテラン風の助産師さんの「今はまだ全然だよ!本当の陣痛はこんなもんじゃないからね!」という言葉に恐怖を感じると同時に思ったのは、

「あ、まだ大丈夫なのかな」

片付けないといけない仕事があったので、痛がっている妻には申し訳ないけど一旦帰ることにしました(笑)

旦那、病院に戻る

仕事が片付いて病院に戻ったのが22時頃。
妻はまだまだ痛みに耐えています。

そばに居て手を握ったりしてましたが、どうすることもできないもどかしさ。

スマホをいじったり、胎児の動きが分かる波形が出る機械をじっと見てみたり。

時々ペットボトルの水を飲ませ、気分はボクシングのセコンドです。
新たな生命の誕生のために闘う妻を微力ながらサポート。

そうこうしているうちに時計は0時をまわり、子宮の開き具合を見るため検査へ。

そしたら予定外に全開だったらしく、すぐさま分娩室へ行くことに!
先生や助産師さんが少し慌ただしくなり、一気に緊張感が出てきました。

ついに立ち会いの時

助産師さんに分娩室のところまで案内され「ちょっと待っててね」と外で待機。

外に漏れる妻の痛みに耐える声。

先生や助産師さんが「はい!いきんで!」と声をかけています。

えー!?もしかして中に入れないの?とか思っていると途中で助産師さんが思い出したかのようにやってきて「あ、旦那さん立ち会いますか?」と呼びにきてくれました。

「はい!」

緊張しつつ分娩室に入ると、血の匂いと空気感が衝撃的で圧倒される感じ。

うめきながら頑張っている妻と、リードする先生や助産師さん。

松岡修造ばりに応援したかったけど邪魔になる感じがしたので、ただ妻の身体に触れて頭をなでていました。

僕が分娩室に入ってわずか10分ぐらい。

先生が「もう出しちゃおう!」とか言って引っ張りだすとポーンっと誕生。
ガッツ石松が出てきました。

分娩室に入ってから30分ぐらいだったので安産だったらしいです。
何も問題なく、母子ともに無事に出産することができました。

生まれた直後の血が付いた身体を拭き、すぐさま母親の懐へ。
さっきまで苦しんでいた妻が嬉しそうに微笑みます。

ここでの旦那の役割は写真を撮ること。
すぐさまスマホを取り出し、パシャパシャ撮ってやりました。

ついでに僕も抱っこをさせてもらって感動の初対面。
約3kgの重みで、やっと子どもが出来たんだという実感を持つことができました。

立ち会ってみた感想

出産に立ち会うことが出来て良かったと思います。

あの光景、生命が誕生する瞬間はエネルギーが半端無かったです。

この世に飛び出そうとする小さな命と、それを必死で支える大きな愛情。
母は強し。偉大ですね。

あの瞬間を共有出来て、妻や自分の母親への感謝もより深くなりました。

絶対経験しといた方が良いと思うので、世の中の男性にはタイミングが合うなら出産の立ち会いをオススメします。

その後

生まれた直後はビックリするぐらいガッツ石松だった我が子ですが、生後1日も経つと早くも顔が変わってきて、ちゃんと可愛くなってました(笑)

16日現在はまだ入院中で、しかも母親しか触れないのでガラス越しにしか見れない僕はまだ子どもがいる実感があまり無かったりします(^^;)

明日には退院する予定なのでメチャメチャ楽しみです♪

ということで今後は子育て記事もちらほら書いていきたいと思います。
ではまた〜♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

 - LIFE