WordPressが自動更新されてブログカードがおかしくなったので、とりあえずダウングレードしてみた

   

eye_wp

以前にブログカード風にリンクを貼れるプラグイン「Celtispack」をご紹介しましたね↓

WordPress:記事中にサムネイル付のリンク(ブログカード)を表示できるプラグイン「Celtispack」
記事中にサムネイル付きのリンクを簡単に貼ることができるプラグイン「Celtispack」をご紹介します!

最近Wordpressが自動更新されてバージョン4.4.4になったんですが、その自動更新の後に記事を書こうとしていつも通りリンクを貼るとブログカードが異様にデカくなるという現象が発生。

なんじゃこりゃ〜と最初はビビったんですけど、応急処置したので共有します。

スポンサーリンク

原因はWordpressの更新だった

自分では特に何もいじってないし、何かあるとすれば自動更新だけだったので更新内容を見てみるとバージョン4.4から追加された、Wordpress標準のブログカード関係のファイルが更新されているようでした。

僕の場合は4.4.4だったんですが、4.5.3に自動更新された方も同じ現象になったようです。
外部リンクは大丈夫なんだけど、自サイトのリンクを貼るとブログカードがWordpress標準の形式で表示されてしまい、「Celtispack」のブログカードが表示されないという困ったことに。

どうしよう〜と思ってとりあえず「Celtispack」の作者様のページに行くと、対策済の新バージョンが公開されていました。早っ!笑

Ver2.0.1 の主な追加内容

  • WordPress 4.5.3 WP oEmbed Content カードに自サイト用の pre_oembed_result フィルターが追加されOGPブログカードが機能しなくなったので対策

ということでバッチリ対策されていたので、有り難くダウンロードさせて頂きました。
制作者様に感謝!

と思ったんですが、テスト環境で試してみたところプラグインを更新しても変化なし(^^;)

ゆっくり作業する時間が無かったので、仕方なく応急処置としてWordpress本体をダウングレードすることにしました。

WordPressをダウングレードする方法

それではWordpressのバージョンをダウングレードする方法です。

インストールしたいバージョンを入手する

まずはこちらのページから希望のバージョンをダウンロードします↓

リリース
Please, neither delete this page, nor change its slug! &

今回僕は4.4.2のzipファイルをダウンロードしました。
ダウンロードできたら解凍しましょう。

現在のバージョンのファイルを削除

FTPソフトでサーバーに接続して、Wordpressがインストールされているフォルダから以下のファイル以外を削除します↓

  • .htaccess
  • wp-config.php
  • wp-content(フォルダ)

上記のファイルとフォルダは消さないように注意してください。
FTPソフトの使い方についてはこちらの記事が参考になると思います↓

STINGER7:親テーマの任意のファイルを子テーマで編集する方法
今回は親テーマの特定のファイルを子テーマにアップロードして編集するための手順をご紹介します。
STINGER7以外の方でも基本は同じですので、参考にしていただければと思います。

インストールしたいバージョンをアップロード

次に希望のバージョンをアップロードします。
先ほど残した以下のファイルはアップロードしないように注意してください↓

  • .htaccess
  • wp-config.php
  • wp-content(フォルダ)

「.htaccess」と「wp-config.php」は新規のWordpressには入っていないかもしれないです。
「wp-content」は必ず入っていますので、先に削除しちゃった方が良いですね。

データベースを更新する

アップロードできたらログイン画面のURLにアクセスしてみてください。
「データベースの更新が必要です」と出てくると思います↓

20160626b

「データベースを更新」をポチッと押せば作業完了です。
ダウングレードは割と簡単にできますね♪

Celtispackのバージョンアップ方法

せっかくなので「Celtispack」の更新方法も紹介しておきますね。
まずは公式ページで最新版をダウンロードします↓

WordPress Plugin : Celtispack
WordPressでブログをしているなら絶対おすすめの Celtispack プラグインパックの紹介です。高速化や画像最適化など様々な機能が満載です。このプラグインと Jetpack を組み合わせて使用して頂ければ、必要なものはほとんどカバー出来ます (^^)...

プラグインの更新について、Celtispackの公式ページに注意がありました↓

プラグインを更新する時は、一度削除してから再度インストールする必要があります
この時に Celtispackプラグイン削除時にオプションデータはクリアせずに残しておく(再インストール用) という設定項目がありますので忘れずにチェックして下さい

そうしないとせっかく設定したデータが消えてしまいます

とのことなので管理画面の「設定 → Celtis プラグインパック」を開きます。
開いたら一番下に「Celtispackプラグイン削除時にオプションデータはクリアせずに残しておく」という項目があるのでチェックします↓

20160626a

チェックして「設定を保存」したら、プラグイン一覧ページを開いてCeltispackを「停止 → 削除」してから、新規追加でダウンロードした最新版をインストールすれば完了です。

まとめ

WordPress本体の更新はセキュリティ対策としてなるべくやっておいた方が良いんですけど、自動更新でいきなり予期せぬ不具合が発生することもあります。

そういう時はプラグインが更新されるのを待つか、他の対策をするまで一時的にダウングレードをしてみるのも良いかもしれませんね!
Wordpressは更新頻度が高いので、結構よくある問題なんですよね。

何かのお役に立てれば幸いです。
ではまた〜♪

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

 - WordPress