【Photoshop】シワのあるテクスチャの上に文字テキストをリアルに合成する方法

   

20161127k

フォトショップで背景イメージと文字をなじませる方法は色々とありますが、ただ透明度を下げたり、乗算で重ねるだけではなく、少しの手間を加えるだけでよりリアルに合成することができます。

今回ご紹介するのは布や紙などのシワのあるテクスチャに、自然で立体的に文字を重ねるテクニックです。

スポンサーリンク

フォトショップ  "テキストエフェクト" チュートリアル

STEP1

背景に使用する画像をPhotoshopで開きます。
「フィルター > ぼかし > ぼかし(ガウス)」を1pixelで設定します。

20161127a3

次に「イメージ > 色調補正 > 彩度を下げる」で白黒にします。
白黒にしたら適当な名前を付けてPSDファイルとして保存しておきます。

20161127b2

STEP2

オリジナルの背景画像を再度開きます。
「文字ツール」で好きな文字を作成しましょう。
レイヤーパネルで作成したテキストレイヤーを右クリックして、「スマートオブジェクトに変換」します。

20161127c2

STEP3

先ほどのスマートオブジェクトを選択してから「フィルター > 変形 > 置き換え」をクリックします。
水平比率・垂直比率は「10」、置き換えマップデータは「同一サイズに縮小」、未定義領域は「端のピクセルを繰り返して埋める」でOKをクリックしてください。

20161127d

ファイルブラウザが開くのでSTEP1で作成した白黒のPSDファイルを開きましょう。

20161127e

ステップ4

レイヤーパネルでテキストレイヤーの「塗りを0%」に設定します。

20161127f

テキストレイヤーをダブルクリックしてレイヤースタイルのウィンドウを開き、以下のレイヤースタイルを適用します。背景画像やサイズに合わせて設定は調整してください。

ベベルとエンボス
20161127g

カラーオーバーレイ
20161127h

完成

20161127i

いかがでしたでしょうか。
スマートオブジェクトはレイヤーサムネイルをダブルクリックすれば、テキストを他の文字に編集することもできるので便利ですよね。
またレイヤースタイルやフィルター効果もダブルクリックで調整可能です。

同じような方法で紙のテクスチャだとこのようになります↓

20161127j

簡単に出来て色々と応用できるテクニックなので参考にしてみてください。
ではまた〜♪

参考リンク:How to Conform Text to a Surface Using a Displacement Map in Photoshop

スポンサーリンク

この記事をシェアする!

 - Photoshop ,